BRAVE-1-
BRAVE1
第3回日本アマチュアキックボクシング連盟 東北ブロック公式戦
& 第1回BRAVE G-rule (グラップリングマッチ)

2006年8月27日(日)
盛岡体育館 (岩手県盛岡市上田) 3Fボクシングリング

エキシビジョンマッチを含む全15試合
試合結果はこちら


 今回からグラップリングルール(Grule)マッチも加わったことにより、大会名をBRAVEとし新たなスタートを切った今大会。主催・統括責任者はグラップリングアカデミー及び城修會代表で当連合会理事の平野が担当。
 回を増すごとにレベルを上げるアマチュアキックは好勝負が続出しました。

brave1 brave1

 初の試みとなったGruleではBRAVE独自のルールを採用したため、ジャッジやレフェリングに不慣れな面があったものの、もともとグラップリング・柔術が盛んな東北の選手たちは見応えのある試合を展開。

brave1 brave1
brave1 brave1

 休憩時間ではHOSOKAWAジムの小学生による型の演舞や、レディースクラスの方々によるチアリーディングも行われ、大会を盛り上げました。また、最終試合は役員の細川・鈴木両名が自らグローブをとり、体重差があったため試合が組まれなかった130kg超級の選手とエキシビジョンマッチを敢行。“選手による、選手のための大会”を体言しました。

brave1 brave1
  【 photo: Shigeto SASAKI(GRAACA) 】   


 今大会は各部門で優秀選手賞が選出され、Gruleでは地元盛岡で活動する八重樫選手が、Kruleでは夏休みを利用しHOSOKAWAジムで住み込み修行中の高校2年生卜部(ウラベ)選手がそれぞれ受賞。連合会より盾が進呈されました。
 おめでとうございます!

■BRAVE Grule(グラップリング) 優秀選手賞■
 八重樫 大輔選手(岩手・盛岡格闘クラブ)
 
■BRAVE Krule(アマキック) 優秀選手賞■
 卜部 弘嵩選手(東京・HOSOKAWAジム)


 N.M.FそしてBRAVEは発足したばかりの組織で、大会の進行・運営・ジャッジ等に関しては、まだまだ至らない点がありますが、急なカード変更や試合順変更にご理解頂き、各団体・選手の皆様には心から感謝しております。
 今後も皆さんの意見を取り入れながら、より選手のための大会になるよう選手の皆さんと一緒に成長していきたいと思っています。ご協力をお願い致します。

 また、運営をサポートしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
大会レビュー cm:0 tb:0
第2回アマキック公式戦
日本アマチュアキックボクシング連盟
 第2回 東北ブロック公式戦

2006年4月2日(日)
盛岡体育館3F ボクシングリング


 エキジビションマッチを含む全18試合が行われました。試合結果は*こちら*

 第1回大会よりも高レベルの試合が多くテレビ局や見物客も多数来場。男子選手の激しい打ち合いは勿論のこと、レディースマッチやジュニアマッチは新鮮で、多くの観客の記憶に強く残ったことでしょう。

第2回アマキック公式戦 第2回アマキック公式戦

第2回アマキック公式戦 第2回アマキック公式戦

第2回アマキック公式戦 第2回アマキック公式戦

第2回アマキック公式戦 第2回アマキック公式戦

       
 N.M.Fは発足したばかりの組織で、大会の進行・運営・ジャッジ等に関してはまだまだ至らない点があります…。急なカード変更や試合順変更にご理解頂き、各団体・選手の皆様には心から感謝しております。

 また、運営をサポートしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。



 
 
大会レビュー cm:0 tb:0
第1回アマキック公式戦
日本アマチュアキックボクシング連盟
 第1回 東北ブロック公式戦

2005年12月11日(日)
盛岡体育館3F ボクシングリング

第1回アマキック公式戦 第1回アマキック公式戦       
       
 HOSOKAWAジム(盛岡市)・VERSUSジム(青森市)・グラップリングアカデミー(大槌町)の友好団体によって行われてきた独自の交流戦が、今回から日本アマチュアキックボクシング連盟公認のもと東北では初のアマチュアキックボクシング公式戦として開催される運びとなった。
 先日プロ昇格したHOSOKAWAジムの畠山豪選手を含めた、主に東北で活動するアマチュア選手たちで全15試合が組まれた。試合結果は*こちら*

 当日は日本アマチュアキックボクシング連盟の宮川拳吾会長(MAキックボクシング連盟理事長)も激励に訪れ、勝者への賞状授与をして頂いた。

 参加団体が少なかったため2試合戦う選手も多かったが、観客の見守る中、内容の濃い素晴らしい大会になった。
 今後、多数の団体・チームからより多くの選手が集まり、闘い、親交を深めることで、東北格闘技界全体の活性化につながることを期待します!



 
 
大会レビュー cm:0 tb:0
第2回交流試合
第2回 東北3団体交流試合

2005年3月27日(日)
盛岡体育館3F ボクシングリング

東北地区交流試合 東北地区交流試合       

 HOSOKAWAジム(盛岡市)・VERSUSジム(青森市)・グラップリングアカデミー(大槌町)の東北格闘技友好3団体による2回目の交流戦。全15試合。

 前回(第1回)はキックボクシングルールのみで行われたが、今回は試験的にグラップリングルールの試合も3試合組まれ、入場も自由にしたため、観客も多数訪れ、選手達もより白熱した試合になった。

 次回はより構想を練った上で、日本アマチュアキックボクシング連盟の公式戦として開催することがほぼ決定したが、HOSOKAWAジムとVERSUSジムはMAキックボクシング連盟に加盟する団体で、グラップリングアカデミーは本来、キックボクシングではなく総合格闘技のチームであるということから、将来的には幅広い格闘技ベースの団体が活動できるよう、組織(連合会)を発足して主催できるよう検討中である。
 今回のグラップリングマッチはその試験的な意味合いもあった。

 
大会レビュー cm:0 tb:0
第1回交流試合
第1回 東北3団体交流試合

2004年11月14日(日)
盛岡体育館3F ボクシングリング

交流試合 交流試合       

 HOSOKAWAジム(盛岡市)・VERSUSジム(青森市)・グラップリングアカデミー(大槌町)の東北地区の友好3団体による交流戦。全17試合。

 あくまでも練習試合(非公式戦)ということで告知等はしなかったが、なかなか試合の機会に恵まれない東北の選手たちにとっては大きな収穫となったはず。
 限られた選手数であったためダブルヘッダーの選手も多かったが、今後は他の団体・チームにも広め、いずれは公式戦を開催したいものである。

 代表


 3団体の各代表は“東北格闘技界の活性化”という同じ理想を元に、今後も協力し活動していく予定です。

 左)VERSUSジム 恩田代表
 中)HOSOKAWAジム 細川会長
 右)グラップリングアカデミー 平野代表


   


 …この交流が礎となり、『東北格闘技連合会』発足〜BRAVEへ至る

 
大会レビュー cm:0 tb:0
各種ダウンロード
グラップリング出場者
G-rule申込書(pdf)

アマキック出場者
選手登録書(pdf)

アマキック出場団体長提出
選手名簿(pdf)

アマキック体験マッチ出場者
K-ruleチャレンジ申込書(pdf)

MMAルール出場者
MMA-rule申込書(pdf)

キッズ柔術・グラップリング出場者
KIDS-rule申込書(pdf)


ルール・規則
アマキックルール(pdf)
グラップリングルール(pdf)
MMAルール(pdf) 
special thanks

BADBOY

東北ライブハウス大作戦

聖域Sanctuary

profile